笹川一彦さんの次世代型タイ輸入ではフリーダムオーナーは難しい!?
ショーゴショーゴ

こんにちは、ショーゴです。

今回は笹川一彦さんの次世代型タイ輸入フリーダムオーナーについてまとめました。

日本人ライバルゼロの高利益ブルーオーシャン市場タイで、4ヶ月間かけて安定自動化ビジネスを構築するそうです。

参加者が増えればブルーオーシャンの市場は状態はいつまで続くのかや、たった4ヶ月で安定的に自動化何てできるのかと色々気になる点も多いと思うので、その点も加味して検証していきましょう。

【特定商取引法に基づく表記】

販売会社 株式会社ワクレボ(加藤行俊)
電話番号 03-5244-9770(代表)
メールアドレス info★wakurevo.co.jp
所在地 東京都中央区入船2丁目2番地14 U-AXIS 6階

引用元:https://freedom-owner.biz/opt/lpa04/law.html

次世代型タイ輸入フリーダムオーナー笹川一彦さんとはどんな人?

次世代型タイ輸入フリーダムオーナー笹川一彦

南国を遊び場にする61歳のフリーダムオーナー。

新潟県出身 高校卒業後、大学入学を機に上京。

大学卒業後に製造会社に就職し、IT部門で長年勤務し続ける。

2000年から約10年間、海外現地法人のシステム構築及び、現地法人設立のため世界各地を出張する。

2009年に外資系企業に買収され、上司も外国人になり上からの圧力と部下からの不満という中間管理職のストレスで顔面神経麻痺の病気にかかり2週間の入院生活を送る。

退院後の自宅療養とリハビリ生活を機に脱サラを考えるようになる。

副業で物販ビジネスを実践し、2014年に脱サラをして独立。

脱サラまでの間に副業で月商10万円を達成し、本業で最高月商25万円を達成。

その後、物販スクールに入り5ヶ月で月商40万円、卒業後3ヶ月で月商100万円。

卒業後1年で月商270万円を達成する。

その後にタイ輸入を実践し、現在のフリーダムオーナーのビジネスモデルを確立するに至る。

そして、今は趣味の旅行を楽しみながら自由な生活を送っている。

そして今回、フリーダムオーナーの仲間を増やすために自分自身の得てきたノウハウを全て公開するに至った。

引用元:https://freedom-owner.biz/opt/lpa04/index.html

笹川一彦さんの次世代型タイ輸入フリーダムオーナーとは?

価格競争で打ち勝つポイントは資金力

・リサーチ
・仕入れ
・出品などの

めんどくさい作業工程を全部自動化しタイ製品輸入し、日本のAmazonなどで販売する手法です。

ただし、最初の2ヶ月間は自分で輸入し自動化のための基礎を作るそうです。

流れとしてはリサーチは専用の自動ツールを使い代行業者が仕入れテンプレート使って出品。

しかし、ツールを使って出品すると全員が同じ仕入れ価格で、同じ商品を仕入れることになるためライバル間で価格競争が起こります。

ほとんどの消費者は1円でも安い最安値で表示される商品を購入します。

価格競争が起こるとライバルと最安値の奪い合いになるため、仕入代や諸経費などの経費を下回り高い確率で赤字が発生してしまうことも珍しくありません。

最も大切なのは、いかに安い仕入れ単価で商品を大量に仕入れられるかです。

一度に大量に仕入れができれば低コストで仕入れることができますが、まとまった資金が必要に。

ですので、価格競争に勝てる人は、高利益率の人気商品を安く仕入れ、最安値表示させ次々と高回転で売れ続けることができる仕入資金を沢山用意できる人だけだと思われます。

リサーチツール依存は技術も身に付かずいつ使えなくなるわからないリスクあり

仕入れなどに関する知識や力がほどんどない初心者の方が、いきなり物販でツール頼りになると思いもよらないミスをした時の状況判断能力がないので初心者には難しいかと。

商品リサーチは手間のかかる作業ですがそこをツール任せにして梱包、発送、販売を外注化し全てを他人任せにしたのでは、重要な技術は一切身につきません。

技術もないままライバルに勝ち続けることなんてできるのでしょうか?

さらに今回のツールが優秀なものであったとしても、システム障害が起こったり、提供者の都合によって突然使用できなくなることもあります。

それが永遠と使えるとは限らないことにご注意ください。

笹川一彦さんの次世代型タイ輸入フリーダムオーナーの気になる点

結局タイにいくことに?

LPには最初からリサーチに関しては自動ツールが存在する為、直接タイに行かなくても自宅で完結できると書いてありますが本当なのでしょうか?

タイには、オンラインショップが少なく国内向けのサイトはありますが、海外からは購入できないサイトなのです。

タイ商品は品質が良いと言われますが、仕入れ先によって品質もコストパフォーマンスも全く違ってくるのではじめは現地に行って商品に対しての目利き力を養う必要があると思います。

その後仕入れ先とのつながりを構築して輸入。

フリーダムオーナーは、4ヶ月で自動化させリサーチ、仕入れ、発送、交渉などの作業をプロジェクト側が代行する仕組みを作っていることなのでプロジェクト側の組織に委ねるビジネスとなります。

プロジェクト参加者にそれぞれ独自の利益率と回転率が高い商品を提供してくれるのかという点に、勝敗がかかっているとも言えるわけです。

本当に日本人未開拓?

笹川さんについて調べたところ、以前からタイ輸入ビジネスの情報商材を出版しているようです。

タイ仕入れバイブル

引用元:https://ex-pa.jp/h/YrQuWiNl/

ということは既に参入している人がいるのではと思いさらに調べたところ、YouTubeでもノウハウを公開している人がいました。




さらにインターネットユーザーの割合調べてみると・・・

タイでよく使われているサービスには、Kaidee、Lazada、Shopeeなどがある。

Kaideeは3000万人の会員数を誇るタイ最大手のC to C(一般消費者対一般消費者)のECサイトだ。

日本のメルカリなどと比べると出品、出品日の延長、目立つ掲載位置の場所取りなどに料金がかかるため売る側には少しハードルが高い。

電子決済機能が備わっていないので、基本的には個々で話し合い直接商品の受け渡しをする。

任意ではあるが、買い手からの信用を得るため電話番号などの、個人情報を載せる必要があることも売る側のハードルをあげている要因だろう。

売り手は副業感覚でやっている人が多く、ユーザーは売り手と買い手ではっきり分かれている印象だ。

服や電化製品だけでなく、不動産や乗用車専門のプラットフォームもつくられ、そちらも好調に結果を出しているようだ。

引用元:https://www.icat.co.th/jp/blog/8-blog-internet-usage-in-thai.html

インターネットの普及率も高く本当に未開拓なんでしょうか?

今の時代ですからいつオンラインショップが増えるかも分かりません。

オンラインショップが増えてしまえば、資金力が少なくても参入しやすくなりますから、一気にレッドオーシャン化してしまいます。

笹川一彦さんの次世代型タイ輸入フリーダムオーナーの実績

月30万円は利益なの?

笹川さんのフリーダムオーナーは、「月30万円程度であれば誰でも稼げるようになる」と謳っています。

しかし、物販では稼げるという言葉は売上という意味で使われることが多く月30万円稼げる=月30万円の利益という意味ではありません。

月の売上が30万円で仕入代や諸経費が50万円の場合だと20万円の赤字になりこの場合でも、「月30万円を稼いだ」と言うことも可能になります。

30万円の利益を得られたのならば下記を示す必要があります。

・何名の実践者が
・最初にいくらの参加費や仕入れ資金を用意して
・何をいくらで仕入れて
・いくらで売ったのか?
・どんなお金の増減があったのか

利益かどうかが示されていない情報は実績と言えません。

物販のキモは利益率と回転率の高さと販売者の信用

LPにはタイ輸入で扱う商品の中にはこのような高利益商品がたくさんあります。

・ロングTシャツ
・販売価格1,800円
・仕入れ価格約525円
・利益1,275円
・利益率約71%

販売サイトの商品出品ページの写真に、上記のデータが添付されています。

しかし、これらが実際に書かれている金額でいくつ売れたのかが書かれていない点が問題で525円で仕入れて1,800円で出品したロングTシャツが、いったい何枚売れたのでしょうか?

1ヶ月で100枚売れたのと1年で10枚売れたのとでは利益に大差が生まれ利益率の高い商品が次々と短期間で売れることつまり高い回転率で売れることが物販のカギとなるのです。

さらに、よく売れたとしても、誰のアカウントから売れたのかの確認も重要です。

商品例の、ロングTシャツの出品ページには星5つの評価がありこれは、アカウントの評価が高いことを意味します。

信用が出来上がっている5つ星のアカウントであるから、購入者も信用し買ってくれた可能性があります。

これから参入する評価0の初心者から購入してくれる人はどのくらいいるのでしょうか?

ショーゴショーゴ

信頼構築まで少々時間かかりそう。

セミナー後はバックエンドが濃厚?


フリーダムオーナーの詳しい内容を聞くにはセミナーに参加することが条件になります。

あくまで僕の予想ですがセミナー後はバックエンドが高確率であると。

なぜそう思うかといいますと笹川さんはタイムチケットというサービスでタイ輸入のレクチャーを1時間5000円で教えているみたいです。

引用元:https://www.timeticket.jp/items/57750

ショーゴショーゴ

最終ログインが3ヶ月前になっているからこちははもう放置してるんでしょうかね(^ω^;)

まとめ

今回の案件が本当に日本人未開拓のブルーオーシャン市場なら稼げるかもしれません。

ただし、それがいつまで続くのかわかりませんし、以前からタイ輸入のノウハウ(笹川さん含め)を公開している人がいるので、ちょっと日本人未開拓の信憑性は薄いかなと(^ω^;)

詳しくはセミナーに行ってみないとわからないところですね。

セミナーは東京しか開催していませんがどうしても予定が合わない場合は、ズームでのセミナーも受けられるようなので一度確認してみるのもありかもですね。

無料メール相談

ネットビジネスや副業について疑問に思ったり悩んでいたりしていることがあれば、些細なことでいいのでお気軽にご相談ください。

無料メール相談してみる

ショーゴのおすすめ

こちらでは厳しく検証しおすすめできる商品を紹介しています。

よかったら参考にしていってください。

⇒ショーゴのおすすめ